〈Silk Road in 2007〉 古代モスクの貯水槽

中央アジア最大の遺跡メルブに最後にやってきた宗教はイスラム教でした。メルブの古い遺跡はほとんどが傷みがはげしいのですが、このモスクをおまいりする時に手を洗った貯水槽は比較的はっきりと残っています。これはイスラム教徒だったティムールが改修を行ったからです。その証としてティムール帝国時代以降に使われた25cm×25cmの焼きレンガが使われています。まわりに互いにたてかけられた石やレンガを見つけることができますが、これは自然にそうなったものではなく、ここを訪れた人々がおまじないとしてそのようにしたものです。(2008-07-31)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。