〈Silk Road in 2007〉 シャーヒ・ジンダ廟 その2

シャーヒ・ジンダ廟を訪れる方は階段が何段あるか数えながら階段をのぼってください。上った時、下りた時の段数が同じならば、幸せになれます‥って、当たり前じゃないですか?ティムールの一族以外、預言者ムハマドのいとこクサム・イブン・アッバースの廟もあります。も、というよりもこちらの方がメインです。アッバースは、首を斬られた後、その首を自ら持って井戸に飛び込み、永遠の命を得たと伝えられています。そのためシャーヒ・ジンダ(生ける王)と言われるのです。ここを二度礼拝すれば、メッカに一度行ったことになるとされることから、礼拝者があとをたちません。(2008-03-13)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。