〈Silk Road in 2007〉 タシュケント

ウズベキスタンの首都タシュケントは人口260万人の大都会です。紀元一世紀中国の史書魏志に者舌国として紹介される長い歴史を持つ都市です。モンゴル軍の破壊、コーカンド・ハーン国の支配、その後のロシアの支配、1966年の大地震などの影響で町の様子は変化してゆきましたが、地震後数年間で近代的都市に生まれ変わりました。それは“中央アジアの奇跡”と注目を浴びました。中央アジアで唯一走っている地下鉄もたった200スム(約20円)でどこまででも乗ることができます。今も昔も変わらず中央アジアの交通の要所です。(2008-01-12)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。