〈Silk Road in 2007〉 中央アジアでお茶をいただく その4

シルクロードのキャラバン都市、サーマーン朝(875~999)の首都として栄えたブハラには100を越えるハウズ(池)があります。池の周りにはチャイハナ(お茶屋さん)があり、人々の憩いの場所になっています。ナディール・ディバンベキ・メドレッセの前にあるチャイハナでお茶をいただきました。よく見かける急須と茶杯の図柄は綿花です。(2008-04-15)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。