生葉茶

ベトナム北部、ハノイから北部まで、そこに住む人々は、生の茶葉を、市場で買って洗って、ポットに入れて沸騰したお湯を注いで飲む(一度熱湯を入れて、すぐそのお湯を捨ててもう一度注ぎます)習慣がありました。
現在も農村で残る習慣です。
いれるのに時間がかかる茶葉は、都会の若者はあまり飲まなくなったのです。
その他いろいろな植物の葉や花をお茶として飲んでいるのは、どこの国でも同じですね。
ニャンチャンという茶外茶が代表的なものです。(2014-11-23)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。