〈Silk Road in 2007〉 交河故城大仏殿

トルファンの交河故城では仏教が厚く信仰され、故城奥に据えられた大仏殿を初めとして数多くの仏塔が建てられました。かつてこの地にあった高昌国は玄奘三蔵法師も訪れ、王に請われて長く逗留しています。残念ながら仏像自体は破壊されてしまったり、風化してしまったため一部が残るのみです。画像は大仏殿の画像ですが、仏像の足の部分がかろうじて残っているのがわかります。(2007-10-10)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。