〈Silk Road in 2007〉 冷ラグメン

ホータンで、車窓からピョンヤン冷麺のお店を見つけました。時は夏、ホータンのピョンヤン冷麺にものすごい魅力を感じたものの、多数決の力でふつうのラグメン屋さんに入ることとなりました。ラグメンにも種類がいろいろあるようで、麺に具をからめるスパゲティのようなラグメン、ラーメンのようなスープとして食べるラグメン、そして冷麺のようなラグメンもありました。このお店では品数が多く、ラグマン系の麺はだいたい8元か9元、ラーメン系の麺は大碗と小碗の選択ができて3元~5元、そこに肉を増量すると4.5~10元のプラスになるシステムです。私が食べた乾拌涼麺は辛かったです。リサーチの結果、一番日本人の口に合いそうなものは清湯牛肉面という結論になりました^^(2007-11-16)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。