セラ寺

セラ寺はゲルグ派六大寺院の一つでありラサ三大寺院(ほかデプン寺とガンデン寺)の一つです。
日本人として初めてチベット入りした黄檗僧河口慧海が学んだのがセラ寺です。
修行僧たちの問答修行を見ることができる寺として観光客の人気も集めています。(2012-03-05)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。