〈雲南懐古〉 わさび工場

雲南省保山にある山葵(わさび)工場を見学し、会議室で試食をさせてもらいました。山葵(わさび)はパウダー状にしてパッケージされたものが国内向けに販売されています。一箱50元なのでけっして安いものではありません。生山葵は日本では3~4年ぐらい育てなければならないほどの大きさの山葵を1年半で育てて出荷しています。1キロ約90元、1キロはだいたい30本くらいだというので、1本あたりの単価は3元ぐらいです。わさびは日本向けではなく、国内向けに作られています。中国でもわさびはたくさん消費されるのだそうです。(2006-08-04)

#Once apon a time in Yunnan #雲南懐古

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。