〈雲南懐古〉 倚邦村その2

茶馬古道の貿易で栄えた倚邦村も今残るものはそれほど多くありません。
易武のようにお茶作りをしているわけでもなさそうです。
見所は、なんといっても文字通り古道なのです。石臼などの生活用品や寺廟も道の整備に利用されました。(2010-05-29)

#Once apon a time in Yunnan #雲南懐古

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。