〈雲南懐古〉 基諾山その1

4年前に来た時、お茶を出してくれたおじいちゃんの家は、木造りの小屋でした。それが、なんと立派なコンクリートのお家になっていました。30万元ぐらいかかったそうです。
村でも昔ながらのお家は少なくなってしまいました。風情を大切にして欲しいのですが、村の人たちにとっては住環境優先なのです。
古茶樹は変わらず昔のままありました。(2010-07-21)

#Once apon a time in Yunnan #雲南懐古

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。