〈雲南懐古〉 泣き女

雲南省保山市辛街で見かけた葬式行列は、賑々しいものですが、棺の中に横たわる主役の後を歩く最後尾の人たちはとても興味深い人たちです。
画像のように白い頭巾をかぶり女性の手にひかれ泣きながら歩いている人たち、泣き女。
賑やかのお葬式を盛り上げる人たちとは異なり、真の役割を担っています。なぜ最後尾を歩いているのかも、女性の手にひかれているのかもわかりませんでしたがおもしろい文化だなぁと思います。(2006-05-29)

#Once apon a time in Yunnan #雲南懐古

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。