〈雲南懐古〉 雲南コーヒー

雲南省では主に二種類のコーヒー豆を作っています。昔ながらのティピカ(TYPICA)と新品種のカティモール(CATIMOR)です。収穫時でコーヒー豆は一斤(500g)数角(一角は1.5円くらい)ぐらいにしかなりません。カティモールはティピカよりも育てやすく収穫も安定しているので、農民はカティモを選択しがちですが、私たちが訪ねたコーヒー園では味のこだわりからティピカの生産に力をいれているのだそうです。二種類のコーヒー園にも連れて行ってもらいました。職員のかたが一緒に付いて来てくれて熱心に二種るの見分け方は葉の形が違うところだと説明してくれました。(2006-06-01)

#Once apon a time in Yunnan #雲南懐古

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。