Assam1864 象使いの話

バッグと必需品を除けば、荷物をすべて船着場の主に預けて、茶園から迎えに来た象使いが待つ場所まで3時間もボートに乗らなければなりません。
朝9時には太陽はすでに耐えられないほど暑いほど明るく輝き、川に吹くじめじめした風は呼吸を苦しくさせました。
アッサムの日光がインドの他の場所よりヨーロッパ人を煩わせると、主人公は嘆きます。
我慢することが耐え難い腐敗した森からの悪臭は、風の流れを妨げる高い草によってよりひどくなり、悪臭をごまかすために葉巻に火をつけました。
低地が洪水によって水浸しになるのは、夏のアッサムの一般的な光景で、大量の死んだ草と汚泥が流れた大地は感傷的な視界を作ります。
ついに見つけた象は泥水の中に静かに立って、尾でまわりを飛ぶハエをたたいていました。
象は主人公が見慣れたhowda(イスのようなもの)をつけていませんでした。森を通り抜けるときそれにイバラにしばしば巻き込まれるのでアッサムでは厄介なhowdaは好まれなかったのです。
馬に乗るように、アッサムの人々は象に乗るのを好みました。
バランスを維持するためのhowdaなしで10時間も象に乗らなければならないと言われた主人公の不安を静めるものは、一本のビールだけでした。
そんな主人公に、これは荷運搬象で、人々を運ぶことに使われなかったので動くのが遅い、乗客運搬象は三倍速く歩くと、象使いは言いました。
たとえ自身の手を見ることさえできないほど暗くても、象はその感覚を使って夜中を歩きました。
まるで星の空が地球に降りたように、象のまわりを巨大なホタルの群が飛んでいます。
象は道に慣れていて、何も心配することはありませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。