Assam1864 アッサム人の村

象の背に乗って移動中、主人公はアッサム人の村がインドの他の地域の村よりきれいであると気がつきました。
地域住民はカイコを育て、そのためにトウゴマ(Palma Christ)を栽培していました。通常、女性が絹糸を紡ぎ、布を織り、男性が養蚕を担当します。
稲田は、女性が列を作って鎌で刈っていて、男が集めて束にして家に持ち帰ります。
稲が家に持ち込まれると、それらは中庭に最初に積み上げられます。家主は脱穀するためにその上を牛に歩かせます。
牛とバッファローが稲わらを食べ、鳥の群れが彼らの上を飛んでいました。
草ぶき屋根の家々には、道を隔てる竹塀があります。
中庭で女性が機を織るのが見えました。
マンゴー、タマリンド、竹などが、アッサムの家の庭で見られることができました。
高い檳榔樹とキンマも一般的で、アッサムの男性も女性もビンロウをキンマの葉と一緒に噛みます。
キャベツ、ナス、レモン、タバコ、ジャガイモ、メロン、唐辛子、綿などが裏庭で栽培されていました。
アッサムの女性は、通常、農作業をしていないときは、家のベランダに座って糸を巻いているか、幼児の世話をしたり、他の雑用をしているのを見ることができました。
アッサムの女性は皆、金、銀、琥珀でできている装飾をつけました。
男性もしていましたが、彼らの装飾は多くありませんでした。
象使いも、金のネックレスと両方の彼の手首に金のブレスレットをつけていました。
通過した村では、1人か2人の金細工職人に会いました。
仕立屋、牛車修理場、鍛冶屋、陶芸家は、どの村にもあり、ヨーロッパの洋服、食料品を売っている店さえ見ることもできました。
アッサムはかなり臨機応変な社会だったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。