Assam1864 首席事務員

ある時、茶園で働く首席事務員が高いカーストを悪用して、茶園労働者たちから非常に長い間の間彼らの賃金をかすめとっていたことが発覚しました。
給料日に首席書記は労働者の居住区に出向いて行って、各々の労働者からRs.2またはRs.3要求していました。
彼らのうちの1人は、Rs.15を首席事務員に預け、ドーティ(ヒンドゥー教徒の男性が着用する綿布の腰布)を買うために、預金からRs.1求めると、彼のお金を預かっていることを否定されたと言いました。
ひょろっとした青年は、毎月Rs.1支払わない限り、工場内の仕事から困難なフィールドワークへ移されると、彼の悲痛を打ち明けました。
女性労働者はRs.1を断れば、定められた茶葉の量を摘めなかったと日誌に書き込まれると訴えました。
こうして、この2年間で首席事務員が、出稼ぎ労働者から相当な金額を巻き上げたことが明らかになりました。
主人公を驚かせたことは、カチャリを始めアッサム人労働者が首席事務員に対するいかなる不満も申し出なかったということでした。
首席事務員が彼らから集金しなかったわけでなく、等しく情け容赦ありませんでしたが、アッサム人はバラモンに畏敬をもっていて、報復を恐れたのでした。
主人公には、首席事務員を大目に見るつもりはありませんでしたが、彼を解雇する意向はありませんでした。彼を自分の味方にすることができるならば、有用だろうと思ったのです。
悪事が発覚した首席事務員は、神の前に震え、バラモンの不名誉によって社会で面目を失うことを死ぬほど恐れていました。
労働者から巻き上げたすべてを返金することで法に訴えられなかった首席事務員は、その感謝の気持ちから主人公の良き相談相手、ヒンドゥー教に関するさまざまな書物を教授する指南者となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。