紹興のお茶

龍井43号の茶畑

安吉白茶の茶畑

大仏龍井

大仏龍井というお茶を作っている場所は浙江省紹興市の南東部にある新昌県です。
かつて大仏龍井は新昌龍井と呼ばれていましたが、新昌よりもネームバリューのある大仏寺から大仏龍井となりました。
新昌県を代表する観光地大仏寺は、江南最大の石窟内弥勒像を有する大仏寺の様子を、李白が新昌名迹寺、登覧景偏幽と、孟浩然が石壁開金像、香山倚鉄囲と詠んだことで知られます。
案内してくださった生産者さんは大仏龍井茶を安吉白茶や龍井43号、在来種などで作っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。