信陽毛尖(拼音:xin yang mao jian)

針形烘青緑茶
茶区:江北茶区
産地:河南省信陽市
产地:产于河南省信阳市
自然環境:
自然环境:茶区年平均温度15℃,年平均降雨量1100毫米,无霜期223天,年相对平均湿度77%,年日照1940~2180小时,土壤肥沃,结构良好,pH值4.0~6.0。
歴史:豫毛峰とも言う。歴史上五雲(車雲山、雲霧山、集雲山、天雲山、連雲山)、二潭(黒龍潭、白龍潭)、一山(震雷山)、一寨(何家寨)、一寺(霊山寺)が信陽毛尖の産地として名を馳せた。唐代陸羽の『茶経』で信陽は淮南茶区に紹介されている。北宋代蘇東坡(1037~1101年)は信陽の茶を「淮南茶,信陽第一」と賞賛した。穀雨前の茶を雪芽、穀雨後の茶を翠峰、その後の茶を翠緑と呼んだ。1915年に開催されたパナマ万博で金賞を受賞している。
历史:亦称“豫毛峰”。历史上信阳毛尖以五云(车云、集云、云雾、天云、连云)、两潭(黑笼漳、白龙潭)。一山(震雷山)、一寨(何家寨)、一寺(灵山寺)等名山头的茶叶最为驰名。信阳县古称义阳,产茶历史悠久,唐代陆羽《茶经》中,把信阳县划归淮南茶区。唐《地理志》载:“义阳土贡品有茶”。北宋苏东坡赞日:“淮南茶,信阳第一”。
特徴:外観は條索細圓緊直、色沢翠緑、白毫顕露。水色は清緑明亮。香気は鮮高。滋味は鮮醇。茶殻は芽壯、嫩綠勻整。“色翠、味鮮、香高”で名高い。
特征:条索细圆紧直,色泽翠绿、白毫显露。内质汤色清绿明亮,香气鲜高,滋味鲜醇,叶底芽壮、嫩绿匀整。素以“色翠、味鲜、香高”著称。
加工: 柔らかい一芯二葉の摘採→生葉の静置(攤青)→殺青初揉(生鍋)→成形揉捻(熟鍋)→一次あぶり乾燥(初烘)→散熱(攤涼)→仕上げあぶり乾燥(復烘)。
加工:采摘细嫩的一芽一二叶,经摊青→生锅→熟锅→初烘→摊凉→复烘制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。