鍋巴を待つ時間@安徽省六安市霍山県

豆腐を手作りしているお店で地元農家料理。瓠子瓜を刻んだ料理や豆腐が名物です。最後に、竃で炊いた大鍋の鍋巴(おこげ)がでてきます。そのままパリパリ食べたり豆腐精のスープに浸して食べます。町の人は旧正月などの長い休暇に農村に行ってこれを食べるのが楽しみなのだそうです。
鍋巴を地元の人が蘭花(かの有名な茶、“舒城蘭花”ではないそうです)と呼んでいるお茶で待つ時間。
~2019年4月17日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。