三神山雙磎寺 その2

全羅南道の名刹三神山雙磎寺は、七二二年に虎に導かれてこの地を見つけた僧侶によって建てられたという開山の伝説があります。
そして、八四○年には唐から戻った真鑑国師がこちらに戻ってきて寺の近くにお茶の種を播いたという伝承が残っています。寺から少し離れた場所には「新羅遣唐使金大廉公茶始培追遠碑」も建てられています。(2010-01-04)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。