燕谷寺 その2

韓国全羅南道智異山の名刹燕谷寺は浮屠で有名な寺です。
茶樹が繁茂する斜面をのぼりきった所にいくつかの浮屠があります。
浮屠とは、高僧の舎利を安置した石塔を言います。
燕谷寺の東浮屠は統一新羅時代の中で一番形態が美しく、装飾と彫刻が精緻な作品です。
真ん中の基台と上部の石には模様の中で、仏法を守る八人の神将(八部神衆)と迦陵頻伽(仏典に出てくる想像上の鳥、頭は人で体は鳥)、四天王像などさまざまな彫刻が施されています。
この浮屠は道詵国師の浮屠と伝えられています。(2010-01-10)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。