韓国の食を学ぶ旅 その9

メジュからのジャン作り、その3
メジュと塩水が入れられたカメは、基本的にはこれで一年間保存すれば食べられる状態になります。
表面にあがる上澄み液がカンジャン(醤油)となり下に沈んだものがテンジャン(味噌)になるわけです。
ここのお寺での一工夫として唐辛子と棗が浮かべられ、最後に熱した炭がジュっと加えられました。(2011-03-28)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。