ローリングブレイキング

去年のダージリン、バングラディシュを経て、紅茶製造機器にも親しみを感じるようになってきました~。
揉捻(ローリング)された茶葉は玉解き(ローリングブレイキング)を経て、仕上げるまで何度か揉捻玉解きを繰り返すことになります。
1回ですむ茶葉もあれば3回かけられる茶葉もあるということですね。(2012-07-12)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。