仁淀川でお茶をいただく

そば羊羹

ほうじ茶

高知県小川郡は長宗我部地検帳(1573~1615)に茶園有と記されていたほど遥か昔から茶畑があった場所です。こちらでりぐり茶を生産している國友農園を訪れた際、地元の方々に昼食のおもてなしを受けました。
さまざまな山の幸が大皿に盛られて並べられていたのですが、デコレーションケーキサイズのコンニャクのような料理はあまり馴染みがありませんでした。画像は、そば粉と寒天で作るそばようかん、お日さまの香りがする山茶ほうじ茶によく合いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。