かん袋

かん袋

くるみ餅

大阪は堺市和菓子の老舗かん袋。
不思議な店名ですが元の商号は和泉屋といいます。かん袋と呼ばれる由来は、遡ること安土桃山時代、豊臣秀吉による大阪城築城のおり、和泉屋店主が餅作りで培った腕力で城の瓦を紙袋でも扱うかのようにひらひらと上へ飛ばしたところを、秀吉が「(運ばれる瓦が)かん袋が散るように見える」と感心して、かん袋をそのまま商号にするように命じたことからだそうです。
行列ができるくるみ餅は、胡桃が入っているお餅ではなく、お餅をくるんで食べることからくるみ餅と言います。店内で頂く氷くるみ餅はかき氷をかけて食べる夏の人気菓子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。