白牡丹(拼音:bai mu dan)

葉状白芽茶
茶区:江南茶区
産地:福建省建陽市、政和県、福鼎市、松渓県
产地:产于福建省建阳市、政和县、松溪市、福鼎县
歴史:1922前後に開発。歴史的に、1857年前後大白茶が発見され、1885年に大白茶の芽で銀針が作られるようになり、白毫銀針と呼ばれた。政和県では1880年に大白茶が発見され、1889年に銀針が作られ始め、1992年に白牡丹が作られた。白牡丹製造の歴史は先ず福鼎から始まり、後に水吉(旧:建瓯県、現:建陽県)、そして政和に伝わった。種類で見ると、最初に白毫銀針、後に白牡丹、貢眉、寿眉、小白、大白、水仙白となる。
历史:1922年前后研制。历史上看,约在1857年自福鼎发现大白茶后,于1885年开始以大白茶芽制银针,称白毫银针。政和县在1880年发现大白茶,1889年开始制银针,至1922年才制造白牡丹。可以说,白茶制造历史先由福鼎开始,以后传到水吉,再传到政和。以制茶种类说,先有白毫银针,后有白牡丹、贡眉、寿眉;先有小白,后有大白,再有水仙白。
特徴:葉が芯を抱え、緑の葉が銀の芽を挟んでいる様子が牡丹の花に似ていることから白牡丹と呼ばれる。白牡丹の芽は芽の白毫が顕著な銀白色、葉面は灰緑色で葉背は白毫に覆われているため、“青天白地”と形容される。白牡丹に要求される外観は、芽葉が完全に連なり、肥壮、葉面が波紋隆起している。大白品種で作った白牡丹を大白、水仙品種で作った白牡丹を水仙白と呼ぶ。外観は形態自然、呈深灰緑あるいは暗青苔色。白い産毛で覆われている。水色は杏黄或いは橙黄。茶殻は浅青灰色。香気は清、滋味は鮮醇。
特征:因绿叶夹银白色毫芽,形似花朵,冲泡后绿叶托着嫩芽,宛若蓓蕾初开的白色牡丹而得名。形态自然,呈深灰绿或暗青苔色,遍布白色茸毛。汤色杏黄或橙黄,叶底浅青灰色,香气清,味鲜醇。
加工:原料は福鼎大白種(早生種)、政和大白種(晩生種)。萎凋→あぶり乾燥(烘焙)。
加工:原料采自“福鼎大白茶”、“政和大白茶。品种两叶抱一芽鲜时,兼采一些水仙品种茶树芽叶供拼和。经萎凋→烘焙制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。