六安の春と六安瓜片

六安市は3区(金安区 、裕安区 、叶集区)4県(霍邱県、霍山県、金寨県、舒城県)で構成されており、それぞれの県が名茶産地(六安瓜片、霍山黄芽、霍山石斛、舒城蘭花、金寨翠眉、華山銀毫)です。
白い梨の花、薄紅色の桜桃花が春の訪れを告げ、やがて二月蘭(諸葛菜)、蝴蝶蘭が点々と大別山を彩る頃、山の茶樹の成長が加速します。
瓜片の生産が盛んになるにつれて茶産地は山から下へおりてきたことから六安瓜片は地元では“内山瓜片”“外山瓜片”と分けてよばれるようになりました。“内山”とは、海抜300〜600mの齊頭山地帯、“外山”とは海抜300m未満の地域。齊頭山は大別山の北麓、六安瓜片の産地はこの大別山北麓の金寨県、霍山県の一部だけです。
~2019年4月18日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。