一魚一茶

1つのお寿司に対して、1つのお茶を合わせる。ただシンプルにそれだけを楽しむ食事。
世界一魚と米が美味しい国の人として生まれた幸せを感じるひととき。そして、そこには日本茶が欠かせませんね^_^

🍃ウエルカムドリンク
緑茶にオレンジピール混ぜて葛の花を浮かべた茶
① 煮出し碾茶 × 石鯛
鯛の上品な旨味をさらに増幅させる茶。
② 伝統本玉露氷出し × コハダ
玉露の葉は四月に摘んだあのこたちだった!^_^
酢飯は赤酢を使用。
③ 水出し燻製紅茶 × 大船渡の帆立
④ ハタハタ × 焙じ茶
寿司の元祖形
⑤ キビナゴ × 焼き茶
酢飯の代わりにオカラを使用した四国高知県の寿司
⑥ 鱒 × 抹茶
琵琶湖の北に棲む天然鱒
⑦ 金目鯛 × 紅茶
酒粕に三日間浸けた千葉銚子の釣り金目、米は古代黒米
⑧ 黒毛和牛 × 伝統本玉露
一頭一頭の子牛に名前をつけて大切育てている。双子で生まれた寿司太郎の腕の部分のローストビーフ
⑨ 納豆巻き× やぶきた
秋田県能代産納豆と佐賀県有明海産海苔
⑩ 煮穴子 × さえみどり
🍃あがり

春に奥八女で摘んで星野村まで見送り、蒸されている様子を見届けたさえみどりは、夏に伝統本玉露として立派に入賞を果たし、秋に一魚一茶の食事会で手元に戻ってきました。たくさんの人の手に育まれたお茶の美味しさ、しみじみ感じた秋なのでした^_^

2019年9月21日Facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。