大正ロマン、倉敷エル・グレコ

倉敷美観地区に店を構える喫茶エル・グレコは、50年以上の歴史がある喫茶店。 大原美術館の設立者である大原孫三郎の事務所として大正末期に建てられました。
倉敷の情緒あふれる街並みに名残を惜しみつつ、冷やし抹茶と氷菓子を。お茶を飲むように飲む出汁も。

(Facebook記事2019年7月28日より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。