阿波晩茶 船を漕ぐ@徳島上勝

船形茶擦り機の中に茹で上がった茶葉をのせます。
茶葉の量が少ない場合は、重石を乗せます。
船形茶擦り機で漕ぎます。
擦り機の下で茶葉が回転することを意識しながら。
何回漕ぐのかは、やはり作り手がここだと思うところまで。それも家によって、その年の茶葉の状態によって異なります。

(Facebook記事2019年7月20日Facebook記事より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。