『茶の文化史~神話の世界から五感の世界へ』

孔令敬先生の『茶の文化史~神話の世界から五感の世界へ』が昨日出版され、本日帰宅すると大きな段ボール箱で本が届いていました。茶友の会の会員として『茶の文化史』刊行委員会に名を連ねていたのです。
『中国茶・五感の世界』を新たに加筆改訂したものですが、三十数ページに及ぶトーアン族の創生神話は孔先生によって初めて日本語訳されたもので、少数民族の茶文化に新たな光をあてたものなのだそうです。
ご購入いただいた方に、茶友の会会報誌のバックナンバーの中から一冊、おまけにお付けさせていただきました。孔先生が巻頭ページで連載しているものです。
閑談茶話
第22回 夏の茶詩
第23回 蘇轍の茶詩
第25回 酒茶論について
第26回 ウイルスとの闘い

~2021年2月26日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。