草衣禅師茶碑

大興寺、一枝庵で草衣禅師が四十年間参禅を積みながら執筆した『茶神伝』『東茶頌』は、韓国の『茶経』(中国の陸羽が書いた『茶経』がお茶に関する最古の書)ともいうべき著述です。(2010-10-22)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。