八坂庚申堂とかさぎ屋🌸2021京都桜の頃11/48

お手玉のような丸い布袋が沢山ぶら下がる八坂庚申堂。これら布袋はくくり猿と言い、手足をくくられて動けなくなった猿の姿のお守り。欲望のままに動くことを防止する、欲を我慢することにより願い事が一つ叶うと言われています。
甘味屋が軒をつらねる東山散策路、甘味好きだった竹久夢二もあしげく通ったとされる大正風情の残るかさぎ屋の名物は、三色萩乃餅。丹波大納言の粒餡とこし餡、岡山の白小豆に小さな丸盆ごと供してくれる急須のお茶。

~2021年3月27日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。