大河内山荘の春🌸2021京都桜の頃10/48

嵐山を象徴する竹林の小径に面した百人一首に詠まれた小倉山南面には、戦前を代表する時代劇スターの一人であった大河内傳次郎が昭和6年34歳から64歳で亡くなるまでの30年もの月日をかけて求めた美を表現した山荘です。
庭園は回遊式借景庭園で、春この日に山の向うに見えたのは仙人が住まう桃源郷。
入園料には抹茶と干菓子も含まれています。

~2021年3月27日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。