奈良屋と茶園🌸2021京都桜の頃47/48

京都市中心部に残る杉本家住宅、明治3年(1870)に建てられた京の商家暮らしを垣間見ることができる重要文化財です。
杉本家は奈良屋の屋号で呉服商を創業、おおいに繁栄しました。慎ましく生活することを是とする商家ですが、目立たないところに贅が凝らされています。
明治期には京都双岡に茶園を持ち、製茶業も営みました。双岡が丘を三つ並べたような地形をしていたことから茶園を三丘園と名付けたと言います。

~2021年3月26日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。