宇治茶道場匠の館🌸2021京都桜の頃27/48

宇治茶は、お茶摘みする前に茶園の上に覆いする覆下(おおいした)という方法で栽培されています。伸び盛りの茶の木に覆いをして日光を遮ると、苦味成分の生成が抑制されるのです。
宇治の抹茶や玉露のいれ方を体験して、飲んで、食べる体験ができる施設が宇治茶道場匠の館、宇治川から宇治川沿いに宇治上神社や福寿園宇治工房に向かって歩く途中にあります。

~2021年3月31日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。