桜に包まれた天龍寺とワラビ餅🌸2021京都桜の頃9/48

1339年吉野で亡くなった後醍醐天皇の菩提を弔うために、足利尊氏が夢窓国師を開山として創建した天龍寺。
夢窓国師は建立の資金調達のため、天龍寺船による元との貿易を進言し、寺は京都五山第一位の地位を誇りました。夢窓国師作庭の曹源池は、国の史跡特別名勝第一号です。
嵐山名菓わらび餅の歴史は古く、平安時代までさかのぼります。 当時の天皇である醍醐天皇はわらび餅を愛好し、わらび餅に太夫の位を与えたという言い伝えもあります。醍醐天皇を慕った後醍醐天皇もワラビ餅を好んだでしょうか?^^

~2021年3月27日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。