桜舞う龍安寺🌸2021京都桜の頃14/48

龍安寺の枯山水庭園は長方形の白砂に15の庭石が配置されたもの。作庭者不明、物語が諸説あるなど、想像の余地をもつ枯山水で、抽象造形極致と評判が高い庭園です。塀の向こうに2本の桜がありますが、生き物ですから開花のタイミングはずれます。2本の桜が共に満開になる数日間訪れることのできた参拝者はラッキーなのです^^
参拝帰りには、寺の近所にあるわらび餅専門店へ。メニューは注文を受けてから目の前で練るわらび餅のひとつのみ。練りたてのわらび餅、まずは温かいわらび餅をスプーンで持ち上げ、そのままいただきます。次に、自家製こし餡をわらび餅にからめていただきます。スプーンですくったわらび餅を冷水に浸せば、わらび餅の食感の変化を楽しめます。わらび餅に弾力が出てきたら、丹波黒豆きな粉をつけていただきます。最後に波照間産黒蜜をかけていただきます。

~2021年3月29日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。