額縁庭園、松竹梅並ぶ宝泉院

盤桓園・鶴亀庭園・宝楽園の三庭園を有する京都大原の宝泉院。盤桓園は「立ち去りがたい」という意味を持ち、書院の柱や鴨居を額に見立てて鑑賞することから、「額縁庭園」という名でも親しまれ、樹齢約700年の「五葉の松」は京都市の天然記念物に登録されています。高浜虚子がこの松を「大原や 無住の寺の 五葉の松」と詠んだことで知られます。

~2021年6月5日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。