カッポ茶

カッポ茶

山を焼いても自然に山茶が生えてくると例えられたほどお茶の生育に適した宮崎の山地、この地域には、山仕事での食事や一休みの時に楽しまれるお茶に、カッポ茶と呼ばれる焼き茶の風習があります。
山中で茶道具を持ち合わせない時、あたりに生えている竹と茶の枝を取ってきて、焚火にさした竹筒でお湯を沸かし、その中に火であぶった茶の枝を突っ込んでお茶を沸かしました。竹筒の出口からお茶が茶碗に注がれる時の、カッポカッポと立てる音が名前の由来です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。