川越氏の中世茶生活

河越館跡

天目茶碗

天目茶碗

茶臼

平安時代に入間川左岸に居を構え一帯を治めた河越氏は、河越重頼の時代に源頼朝の家臣となり、娘を源義経の正妻として嫁がせた武蔵武士の名家でした。室町時代まで栄えた川越氏は平一揆の乱をきに衰退し、河越館は山内上杉氏の拠点となった後、歴史から姿を消しました。
昭和40年代発掘調査が始まり、遺物として青白磁などの陶磁器や茶道具(天目茶碗、茶壺、茶入れ、風炉)など当時大変高価だった輸入品が出土して武蔵武士の茶生活を垣間見ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。