川端道喜の粽🌸2021京都桜の頃45/48

創業1503年、御粽司川端道喜が作る粽は、吉野葛を使用した羊羹粽と水仙粽。初代から16代までこれまで暖簾を絶やすことなく、戦国時代から江戸時代にかけては宮中に餅を納める餅屋として知られました。明治維新時の東京奠都後も京都に留まりました。

~2021年4月4日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。